2017年01月29日

バイオ・リサーチで土壌微生物を解き明かそう!展示&トーク

バイオリサーチ

土の微生物と都市農園の生態系に関する展示&トークイベントを開催します!

2017年1月29日(日)から、2月26日(日)まで、
山口情報芸術センター[YCAM]バイオ・リサーチメンバーと連携して行なっている、北加賀屋みんなのうえんの土壌微生物調査の展示&トークイベントを開催します。

今回の調査は「メタゲノム解析」という調査方法により、土壌に存在する多くの微生物や細菌の組成を明らかにするというもの。

大阪市郊外の北加賀屋にある都市農園、山口市の郊外や中山間部にある田畑など、様々な圃場の土壌サンプルを採取し、どんな微生物が生息しているのか調査しました。

さらに、みんなのうえんの生態系の調査も行ない、農園に存在する鳥や虫、植生などを調べ、都市農業が環境に与える影響も取りまとめます。

今回はそのリサーチのプロセスや、明らかになったデータやその分析を展示。
さらに、YCAMバイオ・リサーチのメンバーをお招きし、トークイベントも開催致します。

土壌微生物と野菜や生き物にはどんな関係があるのでしょうか?
まだまだ未知な、微生物の世界にみんなで探検してみましょう!

〜〜〜〜
イベント内容
〜〜〜〜
・土壌微生物のメタゲノム解析結果とプロセス
・生態系調査の結果とプロセス
・YCAMバイオ・リサーチのトークイベント(1月29日(日)13時〜14時)
・その他随時追加!


〜〜〜〜
展示オープン日時
*13:30 - 15:00は全日クローズ
〜〜〜〜
・1月29日(日) 11:00 - 18:00
<その他日程はhttps://www.facebook.com/minnanouen/ をご確認ください>
*その他イベント開催時にもご覧いただけます。

【入場料:無料】


/ / / / / / / / / / / / / / / / / / / /

◎YCAM バイオ・リサーチとは?
「バイオテクノロジーのさらなる可能性を探る」

バイオテクノロジーの応用可能性を多様な切り口で模索するプロジェクトです。

バイオテクノロジーは、発酵など古くから私たちの生活と結びついてきましたが、近年ではテクノロジーの発達に伴い、農業や医療やエネルギー産業などの分野で、ますます応用が進んでいます。同時に、遺伝子の分析や、その成果の活用などの高度なバイオテクノロジーを利用するためのコストが急激に低下し、専門的な設備に個人レベルで触れられるような施設が世界中に数多く立ち上がりつつあります。

このプロジェクトでは、このような状況を背景に、YCAMがアートや教育、地域などの分野でこれまでに積み重ねてきた知識や経験と、バイオテクノロジーを組み合わせることで、新しい表現の可能性や価値観を提案していきます。

http://www.ycam.jp/projects/ycam-bio-research/

/ / / / / / / / / / / / / / / / / / / /




【トークイベント 概要 】
・日時:2017年1月29日(日)13:00〜14:00
・場所:北加賀屋みんなのうえん第2農園 サロンスペース(住之江区北加賀屋5-2-29)
・参加費:500円
*農園メンバー、クラブ会員ではない方は+500円となります)
・定員:30名 *先着順
 *申し込み手続き完了された方から先着順に受付完了とさせていただきます。
・締め切り:1月27日(土)


- - - -
<クラブ会員とは?>

年間参加費1,000円で、イベントが毎回500円お得になる「クラブ会員」の詳細はこちら!
http://minnanouen.sblo.jp/article/163858045.html
- - - -
posted by みんなのうえんイベント at 00:00 | Comment(0) | イベントお知らせ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

お問い合せ先 (NPO法人 Co.to.hana内)


  • TEL / FAX:06-6654-8830
  • (office)〒559-0011
    大阪市住之江区北加賀屋2-10-21

北加賀屋クリエイティブファーム事務局